広告戦略の一手【チラシ印刷の効果と実用性】

見えないと見たくなる心理

はがき

ダイレクトメールと並んで人気がある宣伝方法として圧着ハガキがあります。圧着ハガキとは専用のニスを使い表面を圧着してとめたはがきのことです。通常のはがきと同じ料金で、通常の2、3倍の情報を掲載できるとして人気があります。圧着ハガキは専用のニスできちんと圧縮しています。そのため郵送中にも剥がれることがありません。個人情報など人目に触れたくない内容を扱うときにも使用できます。また圧着ハガキは開封率が高いというメリットがあります。通常DMやはがきなど、ぱっと見ただけでチラシや宣伝という場合、中を確認せずに捨ててしまう人も多くいます。しかし、圧着ハガキは中がすぐに見えない分、見てみたいという心理が働き開封率が高くなります。雑誌の袋綴じが気になるのと同じ心理です。また切り抜き加工を利用してアンケートや会員証、ショップカードとしても利用することができ、幅広く活用することもできます。

圧着ハガキを注文する際にはインターネットを利用すると良いでしょう。簡単に注文することができます。見積もりフォームから必要事項を書き込めばすぐに見積もり料金が算出されます。見積もり後はネットでデータを入稿します。完成イメージが業者から送られて来るので問題なければ印刷に入ります。印刷ができたら発送まで全て業者が行なってくれるので全て任せることができます。実際に顔を見て打ち合わせをすることができないと不安に感じる人もいるでしょう。そんな方は全国に支店を持っている大きな印刷会社を利用するとよいでしょう。会って打ち合わせすることができます。

Copyright© 2016 広告戦略の一手【チラシ印刷の効果と実用性】 All Rights Reserved.